2017年5月12日金曜日

俳句ポスト365「薄暑」結果発表


【地】千枚の窓洗い終え街薄暑

兼題が出された頃は仙台ではコート必須の時期だったので、薄暑のイメージを維持するのが大変でした……。ほんのり汗ばむけれど清々しい風が渡る季節、で連想するのが黄砂の後の窓清掃だったので詠んでみた句です。

千枚の窓清掃は私が直接やっているわけではないのですが、会社の一部で請け負っている仕事で、千枚も誇張表現では無い枚数。(写真は適当にその辺で撮ったビルなので仕事には無関係です)
街をきらきらに輝かせる仕事は誇らしいし、その仕事を詠んだ句が初の「地」に選ばれて嬉しさ倍増です。やっぱり実感の伴っている句は強い。吟行行かねば。

さ、次は17日締切の「白靴」だ!
私には珍しく現在時点で十句出来ているので、今回は今までの最高数が投句できそうです。と言っても二十句は無理だと思うので、せめて十五句くらいは頑張りたい。
一句二句のギリギリ投句も後がない感じがして堪らないのですが(笑)、二句以上採って頂けるのも凄いことだと思うので、今後はそれを目標にしたいと思います。小さなことからこつこつと!

しかし今月は堀之内会長からも夏井先生からも選評をいただけて、嬉しいけれど幸せ過ぎて怖いな……。来月から反動で全没0点行進しても落ち込まないようにしなければ。

0 件のコメント:

コメントを投稿